2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'09.28 (Fri)

アヒル小屋の設計コンペ・製作

昨日書いた、アヒル小屋のこと、ちょっとなつかしくて
書いてみることにしました。

息子の通っていた小学校にはアヒルが2羽いたのですが、
ある年、相次いでいなくなってしまいました。
それで、息子の卒業の年、卒業記念品に思い浮かんだのがアヒルでした。

私も卒対委員でした。
皆さんと動物園に問い合わせをし、飼育方法を習ったのも懐かしい。
アヒルの雛を2羽調達して、卒業まで、6年生が教室でお世話をしていました。
それが・・・スクスク大きくなり、小屋も欲しいね、ということに。

それで、コンペをしたのです。

夫にも協力してもらいました。
ニギニギしく、締め切り、用紙サイズ、設計の意図何文字以内、なんて条件をつけて募集し、
入選作をもとに実際にみんなで製作します。と6年生全員に図ったところ、
みんな大ノリで応募してくれました。

担任の先生や校長先生、教頭先生、美術の先生、夫や私たちも
審査をさせていただいたのですが、子どもたちって、
すごいアイデアや発想をするのだなぁ、と感動したのを思い出します。

全員の作品を廊下に貼りだし、入賞作品も決めて、講評もする。
後日、入選作をもとに、実際のアヒル小屋の図面を夫がキャドで描きました。
それを説明文とともに、発表。今度は実際につくるのです。

材料や工具などを学校に持ち込んで、夫が陣頭指揮。
子どもたちを指導して作業してくれました。
図面を広げて、墨つけをして、切る。組み立てる。
道具の使い方、後片付け、などなど、どの子も夢中で真剣でした。
そういう子どもたちの姿に、私たちも嬉しくて、卒対のお母さんたちと
嬉しく、楽しく作業したのを思い出します。
子どもたちは親の元気の源ですね。本当に。

卒業を祝う会に間に合って、無事に完成。
学校へ引き渡しをして、2匹のアヒル、ガーとピーのお家になりました。

物をつくる楽しさ。
ささやかな体験だったけれど、あの時子どもたちは夢中でした。
自由参加でしたが、毎週末、大勢の子供たちが参加してくれたのですよ。
またあんな経験、させてあげられたらいいなぁ、と常々感じています。




あの時優秀賞だった子。夫にいろいろ質問して、
じゃあ、一級建築士になりたい! なんて言ってくれた彼は、
今どうしているのかな?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:06  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

これはおもしろいコンペですね。

大人も楽しめちゃいますね。



物を作る楽しさ、みんなで一つの目標に向かって努力する、気持ちがいいことですね。
親子いっしょにできるのは小学校ならではのことですね。
私も娘の小学校の謝恩会(このような呼び方ではなかったと思いますが)に、お母さんたちがオカザイルのチューチュートレインを踊り、側転をしたことはいい思い出です。
1月末ごろから練習をしました。
思い出しましたよ。
バッチ | 2012年10月01日(月) 23:34 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

卒業までの時間の中で、子どもたちにも思い出になった行事だったと思います。

のこぎりで木をまっすぐに切るのもたいへんなことでした。
釘をまっすぐ打つのも困難を極めていたり。

いろいろ思いだしました。なつかしいです。

バッチさんの側転もスゴイです。
jtstj | 2012年10月02日(火) 13:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/822-a6239c81

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |