2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012'10.03 (Wed)

我が家のそれぞれの秋

相変わらず、早朝出勤じゃなくて、早朝登校している三男。
今朝も朝食用のおにぎり2個と昼食用のお弁当を持ち、
5時半には家を出て行きました。
後期からバイクで通学を始めたので、道が混むからなのだろうか?
とも思うのだが、何にしても不思議。
行かないんじゃなくて、通っているのだから、ほっとけば。
なんて夫は言うのだけれど、私はチト早起きが辛いのだ。
なんでこんなに早くから学校へ行くの? と今朝たずねてみた。
そうしたら、
前期で相当ヤバイことになっちゃったから、勉強している。
ということなのだそうだ。
バイクだと時間の無駄が無くて、効率が良い。
早寝、早起きだと、メールとかの邪魔も無くて、やっぱ、三文の徳だね。
なのだそうな。

君は、早寝できるから、いいよね。10時頃には爆睡しているし。

次男は本気で大学院に進学したい、と申し入れてきました。
7時の朝食は次男と3人。
いつもと変わらずに、淡々と規則正しい次男なのだけれど、
進学だけじゃなく、他にもびっくりするような爆弾宣言をされました。
何かは書けないけれど、彼もまた、
自己責任で頑張る。変身する。のだそうな。
食事が終わるとそそくさと部屋へ引き揚げてしまう息子。
部屋で何してるの?
とたずねたら、勉強!!と怖い顔で返事されてしまった。

意味もなくリビングでウロウロ・・・もうしないんだ。
勤勉になったんだね。つまらない。

夫はジムでトレーニングをしたら、スジを痛めてしまった。
やりすぎはダメですよ。ほどほどにして下さいね。
と注意されて病院から帰って来ました。
彼にとっては、自分の年齢を自覚する秋です。
で、秋の夜長、トレーニングじゃない場合は迷わず食欲の秋へ。
ワインを自分で買いに行き、調達してきました。
スペインのワインを買ってみた。若者の就職率が50%っていうから。
美味かったら、またスペインに協力するつもりだったようですが、
すでに追加協力を行ったようです。


さて私。このまんまだと体力が続きません。
三男に合わせて、家事時間を早朝へシフトしてみましょうか。
早起きダイエット というのがあるそうですし。
夫とのんびりスペインワインは我慢かなぁ・・・


息子たちに比べてちょっとさえない夫と私の秋であります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:45  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

三男君よく続いていますね。
そして、すごいですね、そんなに早く学校にいて勉強しているなんて!


>爆弾宣言


なんだろう?
髪の毛を染めて、ボディイビルでもやるのでしょうか。




>夫はジムでトレーニングをしたら、スジを痛めてしまった


あららら・・・
気持ちは若くても足腰は老化していたのですね。


いろいろな国のワインがあり、それぞれ特徴があるのでしょうね。
気候も違いますし。
ギリシャのワインはあまり聞きませんね。
あの国も失業率はたかそうですね。
バッチ | 2012年10月03日(水) 22:44 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

三男、すごいというより、本当に前期試験を落としまくりのようで、
危機迫る状況なのでしょう。今朝もおにぎり、お弁当を持って、
バイクでブゥイ~ンと出かけていきました。

爆弾宣言は・・・私の気持ちの整理がつかず、まだ書けません。
信頼に足る息子に育っているのだから、大丈夫、
と自分を納得させようと努力しています。信頼に足る人間じゃないかもしれなくても、
もう、そう思い込ませるしかない、そんなふうにも感じています。
親は辛いですね。

ギリシャのワインもあるのだと思います。
スペインの次はギリシャのワインになるかもしれません。
家で普段飲むワインは我が家はチリだったので、レパートリーが増えそうです。
jtstj | 2012年10月04日(木) 10:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/825-9ad680bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |