2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'10.11 (Thu)

お別れの秋

週末から今日まで、2件のご葬儀がありました。
立て続けのお別れに、淋しい気持ちで一杯になります。


ご主人が倒れられ、体が不自由になってしまったので、
収入を図りながら、バリアフリーの家を新築したい、
と相談にみえたのが10年近く前のことでした。
小さかった末っ子のSちゃん。
我が社の監督のT君が大好き、なんて可愛いことを言っていた女の子は、
小学校の高学年になり、お父様とのお別れに目を泣き腫らしていました。
3年くらいはエレベーター付の新居でご家族と生活できたとか。
・・・少し慰めになりました。


永らく人工透析をしながら闘病されていたのは社員のお母様でした。
まさに急逝、突然のお別れだったようです。
彼の温厚そうなお父様。お母様の闘病を支えていらしたのでしょう。
お姉様が、長い間塩分制限をしていたから、とひつぎにお塩を入れられて、
思わず涙がこぼれました。
目をしばたかせながら、ずっとお母さまのお顔を見つめていた彼。
しっかり者のおねえちゃんに、甘えん坊の末っ子。そんな姿が見えました。





残されたご家族の気持ちを想うと、本当に掛ける言葉もみつかりません。
悲しみにおぼれそうになる自分を助けてくれるのは、いつもの日常。
仕事をしたり、勉強したり、・・・日常を生きるということ。
そんな時間をなんとか積み重ねていけば、いつの日にか
激しい悲しみも、心の片隅でちっちゃく穏やかになっていく。
そんな日を信じて、ご家族で支え合って乗り越えて下さいね。

切に祈っています。

どうぞ安らかに。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:02  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

そうだったのですか。


ブログの更新が無いのでどうしたのかな?と想っていました。



必ずやってくる別れは悲しいけれど、残っているものはまたそれぞれの日常に戻って生きます。
変換したら 行きます ではなく 生きます と最初に出てきましたが、まさに また、生きていくのですね。



ゆっくりお別れしたら、お彼岸、お盆にまた帰ってきてくれますよ。
バッチ | 2012年10月12日(金) 09:32 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

お別れ、辛いし、淋しいです。

病気から解放されて、安らかに、
とお祈りするのみです。

必ずお別れはある、とは言っても
そのような自覚も覚悟も無く、
このままずっと続いていくような気持ちで
日々生活しているのですね。
jtstj | 2012年10月12日(金) 09:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/829-c0fe20c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |