2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'10.23 (Tue)

若さの力・息子の回復力

事故から5日経ち、息子は奇跡の回復をしているようです。

痛みも大分落ち着いて、我慢出来る程度のようです。
当初は只々ベッドに横たわり、唸っていたのが、
じきに車椅子になり、昨日は歩行器でソロソロ歩いておりました。
今日は歩行器無しでベッドまわりは動いているとか。
回復の早さが嬉しく、少し安心するとともに、ビックリもしています。


病院のご飯がたりない。全部食べても、直ぐにお腹が空く。
ひもじいよ。などと言い、差し入れのリクエストが入ります。

お腹の調子が悪くなり、食欲が無くなったのは私だけのようです。

驚異の回復力は、肉体だけではなく、精神的なダメージからも
立ち直りつつあるようです。

ほぼ毎日見舞って下さる相手の方とも、ちゃんと話しをしたようで、
内容のメモをとっておりました。

バイクは廃車にするしかないけれど、自分で大学の整備場に持って行って、
皆でバラして、研究材料にしたい宣言。
今週末、バスケット部の後輩が関東大会出場をかけた大事な試合があるから、
外出許可が欲しい。
大学の中間試験を受けに外出したい。
ついでに、ラーメン食べてきたい。などなど。

退院したとしても、まだ当分は通院治療をしなければならないはずだし、
親としては、そちらの心配がまず先なのですが、息子はすでにその先へ。



親子ともども、今回の事故の総括をきちんとつけて、
今後、バイクをどうするのか、話し合う必要はあるものの、
順調に回復しているのは間違いなさそうです。

日々の仕事はこなしていたものの、まだショックのただなかに居たのは私。
息子の回復力、若さを信頼して、平常心に戻らなければ、と思えるようになりました。

ご心配をいただいた皆さま、有難うございました。

・・・それにしても、若いって素晴らしい。
そんなことも感じました。

さて、落ち着いて月末の仕事をします。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 最近のあれこれ - ジャンル : ブログ

22:34  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

心身ともに回復が早くてよかったね。


食べられていれば安心だよね。



それにしても三男君は気持ちが前向きで感心するね。



具合が悪くなるのは母親だけ、ということはよくわかりますよ。
家の司令塔は常に家族のことを気にかけていますから。
バッチ | 2012年10月24日(水) 10:57 | URL | コメント編集

おはようございますv-22

いやー大変でしたね。
バイクというのはどうしても 身を守るものが
少ないから 危ないです。

高校生の時 やっぱり バイクで事故って
足を折った人がいたのですが
粉砕骨折だったので 中に骨の代わりになるものを
いれたのです。
今なら もっといいものがあるのでしょうけどね・・。
何度も手術して 大変そうでした。

うちの側は 大きな幹線道路なので
バイクと車の事故が多いのです。
とにかく 今はまだ痛いでしょうけど
息子さん 順調な回復で よかったですね

あたしも大きな声では言えないけれど
アメリカでバイクで転倒したんですよ。
ヘルメットもなしで^^;

自業自得で 一人で轍にひっかかったんです。
高校生だったけど しょうがない奴でしたね。
たいした怪我はしなかったけれど
やっぱりあれから 車にしか乗らないです。

でも 男の子はバイク好きですよねー^^;
800びくに | 2012年10月24日(水) 10:59 | URL | コメント編集

★Re: 800びくにさんへ

コメント有難うございます。

若かりし頃、バイクで転倒したことがあるのですね。
私は、自転車も良く乗れない、車の免許も無い、
という情けない状況なので、いまひとつ息子や夫の説明が理解できていません。

でも、危険な乗り物である、ということは、よ~くわかりました。
息子がどの程度、この危険さを認識したのか、そこが問題だと思います。

痛い思い、怖い経験をしても乗りたいものなのか、よくわかりません。
折を見て、話し合いだと思っています。
jtstj | 2012年10月24日(水) 16:47 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

回復の早さは本当にびっくりです。

あれだけ食欲があればもう大丈夫だ、と私も思えました。

気持ちが前向きなのか、感性がマヒしているのか、
とにかく、良く話を聞いてみたいと思っています。

さっき、外出許可が出て、近所のコンビニに行き、
そこから電話をしてきました。
嬉しそうな声で、健康のありがたさを実感したのでは、
と期待しています。
成長の糧にしてもらいたいです。
jtstj | 2012年10月24日(水) 16:52 | URL | コメント編集

安心しました。
まだ感治までは時間はかかるようですが
食欲もあり、いろいろやりたいこともあって
息子さんの気持ちが上向きなのが何よりです。
子どものピンチの時には親は心配ですが、
子どもが前に進もうとしてるんだから
一緒に前に進んでいかないとね。
ハラハラしますが息子さん大丈夫ですよ。
のりぺこりん | 2012年10月25日(木) 06:21 | URL | コメント編集

★Re: のりぺこりんさんへ

有難うございます。
親は、気力、体力ともについていけません。
大きな心配やドキッとするようなことに対する抵抗力は、
若者にはかなわないなぁ、と思い知りました。

本当にハラハラさせられるけれど、大丈夫と信じて
私も平静にいつもの自分に戻りたいです。

jtstj | 2012年10月25日(木) 17:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/836-fd21707f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |