2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'12.25 (Tue)

91歳のクリスマス

夕べは友人が在籍している教会の、キャンドルライトサービスに行きました。
ちょっと気分が沈みがちだった私。
30分くらい冷たい風の中を歩いて教会まで行ってみました。
寒くても、縮こまらないで胸を張って行こう、と歩いていたら、
少し元気も湧いてきました。

18時のスタートに彼女の姿は見えず。
どうしたのだろう? と思っているうちに讃美歌が始まりました。
でも、その後とても思いがけないことがありました。
彼女は91歳になられるお母さまと一緒に現れたのです。
高校時代から知っているのですが、ここ何年か、足がご不自由で
外出もままならないと聞いていたので、本当に嬉しい驚きでした。
抱きかかえられるようにして私の隣の席につかれ、
にこやかに、しっかりとご挨拶をして下さいました。

でも、本当の驚きはその後にありました。
キャンドルライトサービスが終わってお菓子とお茶をいただいている時、
91歳のお母さまは、私に話して下さいました。

子どもには、自分の生きざまを示し、愛し続けるしかないのよ。
なんでわからないの、とかどうしてこんなことするの、とかは
言ってはいけないの。
全てには時があるのですから、その時が来れば必ずわかります。
だから神様の方を向いて、自分がしっかり生きること。
その時を信じてゆるがず、愛し続けること。
そうして、祈りましょう。
信じて祈るものは、既に得べしですよ。
自分でどうにかしようと思わないで神様にお委ねするのです。
大丈夫ですよ。いつも祈っていますね。

三男のバイクのこと、次男の進路、長男の仕事。
いくつになっても心配は尽きないと、友に少し愚痴っていたのを
聞いていらして、話して下さったのだと思いました。

力強い言葉に胸がいっぱいでした。

息子さんは何人いらっしゃるの?
と繰り返し訊ねられ、母と同じだな、と思う反面、大きな違いもありました。
信仰が91歳の命をしっかりと支えているのを感じます。
ひがみ、愚痴り、淋しがるのではなく、
感謝と祈り、そして他者への愛があふれている。みごとな姿でした。

まだまだこれからですよ。
お祈りしていますからね。
と励ましていただいて、胸を熱くして、帰って来ました。

有難うございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:02  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>まだまだこれからですよ





91歳の人のこの言葉には重みがありますね。




そして、家族が健康に過ごせればそれでいいですよ。
バッチ | 2012年12月28日(金) 22:06 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

見事な年の取り方だと感動しました。
信仰に裏打ちされた人生。

信仰の持つ力、素晴らしさを感じました。
jtstj | 2012年12月31日(月) 21:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/867-46e9ebc2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |