2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013'01.16 (Wed)

留年・浪人

試験、真っ最中の我が家の大学生お二人さんです。
とても手堅い次男に対し、ヤバイ、ヤバイと四六時中言いながら、
遂にヤバイまま、いや益々ヤバサに拍車がかかって今日まで来た三男。
真っ青であります。

昨日は
すみません というタイトルのメールが届いた。

今テスト終わって一つ単位落としそう。最後までやってみるけど、
留年した場合4年の学費は自分で負担して出します。すみません。

話は後で。今はとにかく試験。

と返信した私。

本当に留年なら、どうしてそうなってしまったのか、総括させるつもり。
どんなことを語るのか、話を聞いてやろうじゃないの。
自分で学費を出す、出さないの問題ではない。
手ぐすね引いて待ってるゾ!!


長男は浪人した。
現役時代の長男は、浪人したっていいや、くらいに考えていたのだろう、
と私は踏んでいる。
もしかしたら、もっとアホチンで、そこそこの進学校なのだから、
もしかしたら合格?!くらい思っていたのかもしれない。
世の中、そんなに甘くはないのだ。
全滅の時点で自分の実力は中卒なみだ、と悟ったようだ。
今の三男と同じ、真っ青からのスタートだった。

正しい挫折、敗北、真っ青なら、いいではないか、と私は思っている。
己の不甲斐なさ、身の程を思い知るのも大切なことだから。
中途半端じゃ、再スタートは切れないと思うのだ。

母さんは、厳しいぞ。

ため息三男・・・しっかりしろ!!

と言いつつ、なんだか
借りて来た猫みたいにしおらしい三男。
可愛い。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:30  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

三男君おもしろいですね。
ヤバイの連呼。
今の若者ですね。
単位を一つ落としただけでも留年とは、厳しいですね。



私も(?)長男君と同じで現役の時は浪人してもいいやと思っていました。
一浪のときは、浪人したからどこか受かるだろうと思っていました。
二浪(じろうです)君の時にようやく頑張らないと受からないと悟り必死になって勉強しました。
なので、息子には
「どんなに勉強が遅れていてもやる気になれば追いつける」
と自身の体験もまじえて言うことが出来ました。


姉三人が浪人したので弟は、
「大学とは高校を卒業して、別の学校に行ってから入る所」
と自分が大学受験まで本当に思っていたそうです。



今思うと親は大変だったろうなと思います。
四人も子供がいると十年ぐらい毎年誰かが受験。
なので、子供に気を使うこともなく、お金だけ使っていました。
自分で大学を決め、宿をとりお金を請求するだけでした。
バッチ | 2013年01月23日(水) 09:54 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

まだ、三男との話しはしていません。
結果の発表があり、すべてはっきりした時点で、
話しを聞いてみようと思っています。

親はたいへん、本当です。
お金のこともそうですし、甘やかさない、
厳しく対処する、ということもたいへんです。
とりもなおさず、自分自身が己に厳しいのか?
と問われているのと同じですから。
自分がだらけていては、子どもにこうあって欲しい、
などと望めない。彼らの姿に自分を映し、反省の日々。
やっぱり、親ってつらいです。
jtstj | 2013年01月23日(水) 10:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/878-a53a2d0a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |