FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2013'02.08 (Fri)

弟のこと

私には弟が1人居る。
近所には住んでいたのだが、
ずいぶん長いこと疎遠になっていた。
久々に顔を合わせるきっかけになったのは、母親の他界だった。


小さいころから、とにかく私と弟を比較しまくっていた母だった。
評価のポイントはただ一つ。
学業成績。
なぜだか言われるままに受験して、
地元でトップの進学校に合格してしまった私。
弟が対等に評価されるには、同じ高校に合格するか、
御三家にでも合格するしかなかったのだ。
私の持たない才能や長所をたくさん持っているのに、
母の理解できない分野だったからか、一切、認めはしなかった。

弟だけではない。
私だって、親族の誰か、ご近所の誰かと
比較しては、優劣をつけられていたようなところがある。
私もとても息苦しかったのだ。
でも、弟は私の比ではなかったろう、と思うのだ。
疎遠になるにはそれなりの理由があったのだ。

先日の食事会の時、弟がボソッと言っていた。
息子たちが3人とも、のびのびとしているのが良いね。
みんな平等。だから3人で仲が良いんだよ。
姉ちゃんはお母さんと違って、
成績とか大学の名前にこだわらなかったからだろうな、と。

母が思っていただけで、私は弟に対して、
どっちが上だの下だのという意識は全く無い。
それが、母の居なくなった後のやり取りのなかで
弟にも伝わったのだろうと思う。

母はとても罪深かった、と私は今さらながら思うのだ。

あなたは本当に最後まで、弟を認めなかったの?
いやいや私のことだって、認めてはいなかったよね。
でも、私は力づくで、どうだ!!
と見せつけていたのかもしれない。

元祖教育ママだから、お母さんがいなかったら
お前たちは幼児教育の塾にでも通わせられて
こんなに海だ山だ、スキーだハイキングだ
なんて遊んで居られなかったぞ。

と弟は息子たちに話していた。
3人とも、弟とコンサートに行ったり、
レースを見に行く約束をしたらしい。

遅まきながら、よかった。

母がいなくなって実現したこと。
お母さん、あなたはどう思っているのだろう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:58  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

うすうす感じていました。



弟さんは服飾デザインに進まれたのでしたよね。
白金で社員販売だか何かの時に一度行った記憶があります。



確かに親はつい比べたりしてしまうのですよね。
いい方に競い合い場合もありますが、ほとんどはどちらかまたは両方ともいい気持ちがせずにしこりができてしまう。



小さいころは特に男女だったら女の子(コツコツ勉強します)、親の言うことを素直に聞く子は勉強しますよ。


私の母親もきょうだいを比べていました。
私はどちらかというといい子で中学まではよく勉強をしていました。
そして控えめな方で、中3になってすぐ志望高校を書かされた時に、一つ下のランクの高校を書いたら担任はそれで高校を決めてしまっていました。
私より成績が下の人が上のクラスを志望していて試験の成績が悪かったので私の内心4点その人にあげてしまっていました。
三者面談の時に45あった内心点が41に下げられ、計算ミスをしていたと担任に言われました。


それから教師に不信感を持ち高校では体操部の活動を中心に過ごしていました。
そして、浪人して中3のあの担任のせいで自分の人生を棒にしたくないと気が付き勉強を始めました。



私の姉はどはずれた性格をしていたので母は自分が考えた道を進ませようといつも軌道修正をしていたので姉はすっかり自信を失ってしまいました。



今でこそ姉とは仲良くなりましたが、姉はきょうだいの中でもいつも浮いていました。


まあ、姉は今でも浮いていますが、私たちにはないパワーをもって活動しているので皆でみとめあっています。



私の母方の祖母はきょうだい同士競わせていたそうです。
私の母のきょうだい9人もいましたし。
私の母は勉強はできず、意地悪な性格で浮いてたそうです。



母源病ってあるようです。

バッチ | 2013年02月11日(月) 22:33 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

自分も親になり、完璧な人間がいないのと同じように、
完璧な母親もいないのだ、ということは頭では理解しているのですが、
自分や弟の子ども時代からのあれこれを思うと、やっぱり
母には罪深いところがあったなぁ、と感じてしまうのです。

私自身が母源病の元凶にならないように。
そう祈らずにはいられません。
jtstj | 2013年02月12日(火) 15:15 | URL | コメント編集

★私も同じような体験しました

私には兄がいます 自分で言うのもなんですが、子供のころは
兄の方が優しく性格も良かったのですが、友人関係が大きいのでしょうか
成績が兄がかなり悪くなり高校もすぐ中退。私はなんとか大学まで貧乏
ながら行ったのですが、周囲はとても比べていました。なので兄はとても
劣等感が強く今もそれが尾を引いています。昔は仲のいい兄弟だったのですが。
zasiki | 2013年02月13日(水) 20:24 | URL | コメント編集

★Re: 私も同じような体験しました

お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

周囲が比べるの、仕方ないと言えばそうなのですが、
みんな違って、みんないい・・という視点で接してもらえれば、
ずいぶん自己肯定感がアップするよに思うのです。
世間はともかく、親が最後の砦。
その母親が比較しまくってしまうと、子どもとしては立つ瀬が無い、
そう思うことしきりです。
jtstj | 2013年02月17日(日) 16:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/895-9f0397d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |