2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'03.07 (Thu)

お別れ

ご近所のお爺さんが亡くなりました。
町会の掲示板で知ったお年。95歳でした。

我が社でお風呂の工事をして、大喜びして下さったお爺さんです。

極楽だ。
金の力を感じたよ。

そう言って、大金を持って、支払いに来て下さったのを思い出します。


ブログにもアップしました。
探してみたら2009年7月24日の記事でした。


あれから3年半。

年末に入院されたけれど、退院して家に戻りたい、とおっしゃって
玄関のバリアフリーの工事をつい最近やったばかりでした。


ご家族によると、年が明けてから退院して、
2月の末には95歳の誕生日のお祝いもしたそうです。


どうぞ安らかに。

残されたお婆様を微力だけれど、私も気にかけていようと思っています。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:18  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

読み進むにつれ、
あのおじいさまだとわかりました。

以前のブログで
喜ばれている様子が目に浮かび、微笑ましかったのを思い出しました。


お亡くなりになられたとのこと、大変悲しく思いますが、その間、本当に快適な生活を送られていたのではないでしょうか…


おじいさまのご冥福と、
おばあさまの今後を
影ながらお祈りしています…
えむ | 2013年03月07日(木) 18:52 | URL | コメント編集

★Re: えむ様へ

覚えていて下さったのですね。
それに、長~くこのブログをお読みいただいて、有難うございます。

あのお風呂以降もいろいろとかかわりのあったお爺ちゃんでした。
震災の後は、塀が少しこわれて、豊島区から危険で道路を塞ぐと
防災上よろしくないので改善して下さい、というような書類が届き、
どうしたものか、と相談されたりもしました。
塀も危険だけれど、あの建物で生活しているのに、
どうやって安全を確保してあげればいいのか・・・・

年金で生活している高齢の方に、気軽に耐震補強なんて言えないですものね。

その時はもういいのさ。一環の終わり。
そんなふうに言って笑っていたのも思い出します。

落ち着かれたころを見計らって、お婆ちゃんのお顔を見に行こうと思っています。
jtstj | 2013年03月08日(金) 10:02 | URL | コメント編集

私も覚えています。
あれからもう、3年半も経っていたのですね。


本当に快適なお風呂でいいときを過ごせましたね。


スリーエフは地元に根付き、地元の人との生活に密着している会社ですね。
バッチ | 2013年03月08日(金) 12:50 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

> 私も覚えています。
> あれからもう、3年半も経っていたのですね。

あの記事、印象深かったのかしら?
覚えていて下さる方が居て、嬉しい気がします。

お風呂は、本当にお好きだったようです。
ゴクラク・ゴクラク  と言いながら入浴している、
とお婆さんからうかがったことがありましたから。

有効に、正しいお金の使い方ができたのだ、と信じたいです。
jtstj | 2013年03月08日(金) 13:46 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2013年03月08日(金) 20:53 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/909-c70b89bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |