FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2013'04.29 (Mon)

10億円の儲け話

ゴールデンウイークも、関係なく
ひたすらインターンシップの会社に通い続けている次男です。
ああいう(ってよくはわからないのですが) 若い社長の、
IT関連ベンチャー企業というのは、はっきりとした勤務時間や
お休みというのが無いのでしょうか・・・?
とにかく、必ず誰かは会社に居るそうで、24時間、
いつ出社してもOKなのだそうで、せっせと出勤しております。

で、昨晩次男から、仕事で疲れたから焼き肉食べに行きたい
というメールが入りました。三男はツーリングにでかけ、
夫は登山に出かけ、私と二人だけでした。
少し前なら嫌がったと思うのですが、ほんとに、大人になったものです。
次男とゆっくり話す良い機会でした。
留学、大学院進学も含めて、その先の着地点、
仕事のことなども、じっくり聞いてみたかったのです。

なかなか堅実に4年の研究室や院のことは考えているらしく、
そこは少しだけホッとしたのだけれど、それから先に関しては、
起業が頭にあるらしく、何とも返事ができませんでした。

今、彼が見聞きしている世界は、皆さん若くて、とにかく元気。
起業○年目で、売上3億、とか、今期は5億を目指す。
などという威勢の良い話しばかりのようなのです。
3億、5億を売り上げるのが、いかにたいへんなことか、
骨身に沁みている私には、にわかに信じがたいことでした。

実態が理解できないから何とも言えないけれど、
簡単に利益は上がらない、ということは、どんな業界だって同じ。
真実だと思うよ。

と言ったら、そうかもしれないね、と少しだけ神妙になりました。
でも、やはり起業はしてみたいのだそうだ。

肉を焼きながら、

売れそうなアプリ、あったらいいな、みたいなアイデアが山ほどあるから
そのプログラムを作るんだ、とボソッと言う息子。
できるような気がする。なんて言いながらモリモリ食べること。

そうよね、錯覚しなくちゃ、会社なんて始められないわよね。
私たちもそうだったし。と内心思っていたら、

お金を10億儲けたら、お父さんとお母さんに、あげたいんだ。
と言う息子。

えっ? 親にプレゼントなんて、有難すぎる。
でも、壮大すぎて、なんだかバカなんじゃないかと心配になる。

初任給から1万円以内でいいから、
と答えた私。

何言ってるんだよ。まかせてよ。
という息子。

ビール1杯で、酔いが廻ったようです。
それからは、

じゃあ、楽しみにしてるからね。
ムダづかいしないように、いただいたら、
早めに有料老人ホームに入所するからね。プール付きかな。

違うよ。施設じゃなくて、ヘルパーさんとか雇えない?
家で生活してよ。それで二人で船旅に行ってもらいたいんだけど。

わあ、嬉しい!!

兄ちゃんと弟にはあげちゃだめだよ。
お母さんはあの二人には甘いから。

・・・・はい、二人で空想の将来について盛り上り、
ごきげんさんで帰宅しました。

結局、次男の職業、就職については、
相変わらず何にもわからずじまいでした。
でも、船旅に行かせてあげたい、とか
クライミングウォールやゴルフレンジをつくれば、
などと、親に対する気持ちをちゃんと伝えてくれたのは、
本当に嬉しかった私です。

10億円の儲け話が、いかにして次男の頭の中に形成されたのか、
摩訶不思議なのですが・・・まあ、いいでしょう。
夢はいつか覚めるのですから。


母は気持ちだけで充分です。
幸せだよ。
忘れないでね。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:45  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>お母さんはあの二人には甘いから



何だか冷静にみているようですね。




職場の雰囲気がイケイケなのでしょうね。
夢を大きく持つのはいいことですよ。
男子が多い職場なのかな。
男性の方がロマンチックで大きな夢を描く人が多いから。


うちの24歳の女性社員は自分の老後を今から心配していて、あまりに現実的で悲観的でこちらが心配してしまうくらいです。
バッチ | 2013年05月06日(月) 22:15 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

> >お母さんはあの二人には甘いから

って、そんなことありません。全員に平等だと思ってます。
違うかなぁ・・・?

24歳で老後の心配かぁ・・・
でも、きっとその女性の描く老後、老人というのは
多分に抽象的なんでしようね。私も若かりし頃の想像とは
まったく異なる現実をたくさん見ましたから。

心配してもなるようにしかならない、という気がします。
私は、次男の10億円があれば安泰かな?・・・なんちゃって。
jtstj | 2013年05月07日(火) 10:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/937-f1412fa6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |