2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'06.28 (Fri)

夫は・・・良い人なのだ

毎日、いろいろな場面で判断し、意思決定して、
会社を進めているのだけれど、意見が別れることがまれにある。
基本、夫と私は価値感、倫理観など軸足は同じなのだと思っている。
でも、違いがでることがあるのは、情の部分。
夫の方が、良い人、というか情に厚いのだと私は思う。

相手の立場に立ち過ぎていて、もはや自分のこと。
感情移入しすぎている、と感じる時、
私はけっこう冷たく言ってしまう。
あなたの気持ちはわかるけれど、それが我が社にとっては、
良いことなの?どういう利益になるの?
会社にとってはどうなのか、を最優先で考えたら、
私は賛成できないのだけれど、と。

夫も結論は同じで、わかってはいることなのだろうけれど、
どうにかできないか、方策は無いか、と知恵をしぼり
ああでもない、こうでもない、と考え、悩みまくっている。
その横で、私はサッサと
はい終わり!! みたいに区切りをつけてしまっている。



過去に何回もこういう経験をして、そのたびに
夫は良い人なのだなぁ、としみじみ感じていた。

何が正しくて、何が間違いか、
短時間で結論を出して進んで行くことは
とても困難だけれど、とにかくそれをしなければ
会社はまわっていかないから、最善だ、と信じてやっていく。

私は開き直っている。
こだわり続けても、仕事は片付かないし、ご飯もできない。
たとえ間違いだったとしても、今の私の限界。
ベストだと信じている。
だから良し。


ドラスティック、クール
そんな私を夫はどう見ているのだろう。

頭の怪我に包帯を巻き、
人一倍忙しく仕事をしている夫は
胸にも包帯が欲しいな、とそんな気分なのかもしれない。

ごめんよ、冷たい嫁で。

私に傷の手当てをさせたら、とても荒療治。
益々痛そうだ、と思っているふしがある。

お互いにわかっているから、
何事もなかったかのように振舞う。

梅雨の合い間、6月の終わり。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:59  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>こだわり続けても、仕事は片付かないし、ご飯もできない



それは、私も同じです。
仕事人・母・妻・PTA役員・・・
いくつもの顔を持つ女性は効率よくことを進めていかないと物事をこなせないのです。
時間をかけていい考えが見つかる場合と、ある程度みきりをつけて結論を出さなければならない時と臨機応変に対処していかなければならないのです。




一般的に男性は会議をして議論することが習慣になっているように思います。
結論として何が決まったかより、結論が先送りになっても議論することに意義があると考えているように思います。
結論がでない時間を費やしても満足してしまう。
お役人にいたっては自分の任期中に大きな問題が起こらなければ結論を先送りにしてしまってもよしとしている男性が多いようです。



安倍首相はそんなことに気付いていてこれから女性の起用を増やすことにしたのではないでしょうか?
女性は現実的ですし。




PTAの本部役員の女性は、保護者会での役員きめで、みな早く帰りたいことを知っているから、遠慮なくずばずば言って、役員はあみだでさっさと決めました。
今年私はそれで教養委員になりました。



上の子達の時にも小学校、中学校と必ず役員をやっていて広報を多くやりました。
集まって話し合いをしても手際がいいことが多かったです。





うちでは勧誘の電話がかかってきたときは、私はすぐにはっきりと断ってすぐに電話を切ります。
お互いに時間を無駄に使いたくないから。
ダンナは相手の話をじっくり聞きます。
そして断ります。
変な断り方をして後で嫌がらせを受けると困るし、話を聞いてあげないとというのです。
断ると決まっているのに相手にもかえって悪いと私は思うのです。
バッチ | 2013年06月29日(土) 11:48 | URL | コメント編集

★Re: タイトルなし

しゆしのの女性登用の理由はわからないけれど、
活躍の場が増えるのは良いかもしれません。


仕事では私の方がドライかな、と感じますが、
プライベートな人間関係では、相当引きずることもあります
jtstj | 2013年06月29日(土) 12:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/968-15649ef7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |