FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2013'07.02 (Tue)

6月30日

母のお気に入りだったお店で食事。

20年前、双子用のバギーに次男と三男を乗せ、
長男は夫と手をつないで、このお店にやって来た。

春夏秋冬、母は本当に良く通っていたし、私たちも連れて来てもらった。


013a.jpg
とにかく好きだったごま豆腐。

014dd.jpg
能登産の岩ガキ 

015c.jpg
お造り 積丹のばふんウニ アワビ アワビの肝 などなど

アユを干物に加工してさっと焼いたものも美味しかった。
旬の食材を供して下さった。母の好物、定番料理もあった。

味と共に甦るいろいろな記憶。
弟は年末におせち料理を取りに来た時のことなど話してくれた。

家族に囲まれて、美味しいものをいただく。
みんなホロ酔いで上機嫌。
孫たちもはしゃいで笑いが絶えない。
ここでの食事は、母にとっては幸せな時間だったのだろう。



あれから20年。
孫たちはビールを呑み、冷酒を呑み、ウマイ!!なんて唸っている。
年をとった店主の傍らには、若い板前さん。
味は続いていくようだ。


そして20年後、夫と私は居るだろうか?
息子たちがその家族と食事をしながら、
私たちの思い出話なんてしているかもしれない・・・


酔いが廻り、そんな想像もしてみた母のお命日。

all things being in flux through the endless circle of birth,
death, and rebirth; the circle of transmigration





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:55  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お母さんは食通だったのですね。


おいしい食事があると和やかな気持ちになる。
食べ物の力は身体にも心にも栄養を与えてくれますね。



同じ釜の飯ではないけれど、いっしょに食事をすると人間関係がぐっと近づきますね。
バッチ | 2013年07月03日(水) 09:50 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

食通というか・・・このお店は気に入っていました。
それで、戦中戦後の食糧難の頃を思い出し、
有難い、と言って残さず食べていました。

一人暮らしの時は、ダシにこだわって、とっても美味しいダシやスープを
とっていました。それを使ってお味噌汁やおすまし、もしくは
シチューとかポトフなどを料理していました。
汁物に、香の物、あと主食。質素なものでしたが・・・食通というのかな?

私と同居してからは、私が食事をつくっていたので、
内容もずいぶん変わったようです。
jtstj | 2013年07月03日(水) 11:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/970-6a230b2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |