2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018'07.04 (Wed)

思い返してみると

昨日は、夫と共に、自分たちの会社経営の日々を
ちょいとばかり振り返る機会がありました。

夫は会社を振り返る、となると
完全に仕事での出来事だけに割り切ることができるようでした。
でも、私は、そんな具合にはいきませんでした。
公私グチャグチャ。仕事も家のこともリンクして不可分の状態。
会社だけ、と割り切ることはできないのだな、と感じました。

今、我が社は32期め。
これは長男と同い年です。
私が入社したのは次男が産まれた年。
私の会社とのかかわりの年月は、次男と同い年なのです。
2018年、二度目の癌になって、このまま仕事ができるのかな?
なんて思う今年は三男が大学院を終えて、
社会に巣立って行った年でもあるのです。
まさに、我が社の年月は、私の子育ての年月とオーバーラップしているわけで
公私ないまぜになって進んで来た年月だった、としみじみ感じました。

息子三人育てながら、フルタイムで仕事していたのですから、
いつもいつも時間がありませんでした。
1分1秒でも無駄にするまい、とキリキリと張りつめていた私。
時間の余裕も無ければ、心のゆとりも無かったのです。
崖っぷちの険しい道を一人で歯を食いしばって、
落っこちてなるものか!! と全力で岩にしがみつきながら進んでいた、
そんな姿が思い出されます。

やさしくておだやかで、包み込むような余裕のある母親ではなかったのです。
早く早くとせきたてて、お尻を叩きまくって日々を回して行く。
そんな母親だったのではないだろうか、と遅ればせながら
今、思うのです。

私も必死だった、とはいえ、できるものなら
もう一度、小さかった、可愛かった息子達と
のんびり係ってみたかったなぁ、なんて思いました。

けっきょく、仕事の振り返りは
親子関係の振り返りになってしまった私でした。

私は私へ自画自賛の一言。
不完全でも、たいへん良く頑張りました。
(誰も言ってくれないので、お許しを)









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

09:10  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'07.01 (Sun)

総会終了

昨日、総会が終わりました。
ささやかなグループですが、皆さんに支えられての社歴です。
長いお付き合いの会社、比較的新しい会社の方、
受け付けを通られる皆さんと、なんだか感慨深くご挨拶をしました。

私の席は、大工さんの皆さんが集まっている席でした。
お酒が廻って来て、いろいろな意見を言って下さいました。

現場の仕事の進め方の問題点、
設計事務所とのやり取りや、時間の掛け方の問題、
お金の問題、入場してくる様々な職種の人たちとのチームワーク、
本当に多岐にわたりました。
聴きようによっては、単なるグチやボヤキになってしまいますが、
その言葉の裏に、問題の本質が隠れてはいないか、
どうすれば、納得が得られるのか、どうあって欲しいと望んでいるのか、
そう言う事を丁寧に探り、聴きとりたいと思いました。
酔っぱらいの放言、で終わらせたくはありません。
なにがしかのヒント、真実は含まれている物だ、と私は思います。

そんな話しの中で、我が社の監督たちが、
みんな本当に骨惜しみせずに裏表なく良く頑張る、
他の会社ではこんなに丁寧じゃないよ。あり得ない。
なんていう言葉も耳に入ってきて、それはとても嬉しく思いました。
ひとり、ニンマリしておりました。
チャンスがあれば社員の皆に伝えてあげようと思います。

良くも悪くも、夫の力で引っ張って来た会社です。
ワンマンとも言うのでしょうか。
聴きとること、話しを聞いてもらえる人だったかどうか、
私が間に入って伝達できていたのか、などなど、
今後の課題も感じた総会でした。

無事に終え、体調も回復して、やれやれ、
ホッとした夜でした。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


08:55  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.28 (Thu)

2018年、半分過ぎて

明日、いつもの通り税理士さんの監査があって、
業者さんへの支払いが滞りなく済めば、
激動の2018年前半は終わりになります。

2018年という年は、私にとって忘れられない年になるでしょう。
息子たちが全員社会に巣立った事、
私が2度目の癌になり手術を受けた事、
長男がミャンマーから帰国したこと。
そして孫とのかかわりができたこと。
仕事の上でも、今年の後半は大きな変化があると思います。
その下準備も並行して進んだ2018年でもありました。
大きな変化のある年、というのはあるものなのですね。

30日には協力業者の皆さんとの総会があります。
役所関係の手続きも全部終わり、総会も30日が最後です。

良い1年だった、と締めくくれるように、
今年の後半も新たな気持ちで過ごしたい、と思っています。

あまりにも、慌ただしく、忙しく、いろいろな事が起こったので、
感慨に浸る間もなく、ここまで来ました。

願った通りにならないことが多かったけれど、
それでも示された道筋をたどって行くうちに、
これが最善なのだ、と思えるようになりました。
良い事も悪い事も、表裏一体。
ないまぜになって進んでいくけれど、目の前にある道こそが私の歩く道。
・・・何が待ちかまえているのか楽しみにほがらかに歩きたい。

後半戦、頑張るぞ!!








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:43  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.27 (Wed)

医師不足だそうです

昨日は久しぶりに夫の病院に同行してみました。
以前は一緒に行く事が多かったのですが、
私が手術することになり、それどころではなかったので
ずいぶん長い事ご無沙汰してしまいました。

久しぶりの先生は夫から聞いて私の病気のこともご存知でした。
同年輩の先生は、病気になろうがなるまいが
もう終わりが見えてくるのだから、少しのんびりしたら良いよ、
とおっしゃいました。
でも、そう言う当のご本人は、とても忙しいことになっていました。

恩義のある先輩からの頼まれごとで、
東北地方の病院に隔週で2日間通われているのだそうです。
深刻な医師不足だそうです。
福島はもっと深刻で労災病院などの地域の中核病院も
医師が確保できていない、と言っていました。
医師が偏在していて、地方はそもそも大変だ。
と話されました。


お役に立てることは幸せなことでもありますが
自分たちの年齢を考えると、しんどいだろうな、と感じます。
休診日が増えた分、集中することになり、
自分の診察時間は伸びてしまうのですから。

留学中は、ラボの隣が18ホールのゴルフコースで、
朝はまず1ラウンドしてそれから研究棟へ。
職員扱いだったから1ラウンド10ドルだった。
夏はサマータイムなので、夕方また1ラウンド。
若かったなぁ・・・
なんて言いながら、遠い目をされていました。
先生、ゴルフ部出身で、私のゴルフももうOKと言って下さいました。

忙しくなってしまった先生には申し訳ないけれど、
私はゴルフに行こう! と控えめにルンルンして帰って来ました。

夫は特段の変化無し。いつものお薬をいただいてきました。
先生、どうぞご自愛を。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:11  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.25 (Mon)

お金の話し

風邪は、少しだけ楽になりました。
今週中には完全復活できそうです。
そんな中、金、土と長男が二泊していきました。
彼の場合、残業や宴席などで、自宅に帰れない時に
我が家で宿泊になるので、基本的に夕食の準備は不要ですが、
やはり朝は何か食べさせたいと思って準備しています。
金曜日は宴会で、土曜日も出社して、帰宅したのは終電のようでした。


ところで、私は知人から聞いたあることが気になっていました。
嫁いだお姉さんと、ご両親と同居している妹さんのお金にまつわる話しです。
妹さんは、生活費としてご両親にお金をお渡ししているのですが、
実家にたびたび現れる、お姉さんは、ご実家で羽を伸ばし、
ごちそうになり、さらに帰る時には冷蔵庫や贈答品など
ごっそりと持ち帰ってしまうのだそうです。
生活費を入れている妹さんとしては良い気持ちはしないわけで、
母親は、姉妹の仲が悪くならないか、と心配し、
どうするのが良いのか心を痛めているのだそうです。

ふと、我が家の事を考えてみました。
社会人の務め、として次男からは生活費を徴収しているのですが、
4月に帰国して以降、長男からは、生活費の徴収をしていないのです。
次男は何にも言わないので、気にもしなかったのですが、
先日、次男用に準備しておいた夜食を長男が食べてしまったことがありました。
兄ちゃんが、全部食べちゃったみたい。
兄ちゃんが家に泊る時は、僕にも知らせて・・・なんて言っていました。
長男だって悪気はないのでしょうし、次男もだからと言って文句を言うわけでもないのですが、ちょっと気になりました。

それで、昨日長男に話してみました。
そしたらすんなりと、弟に配慮しなくちゃな。金額を決めてくれればそれを払います。
ということになり、一泊千円と決めて、六月分から徴収することにしました。
一万円渡されて、多い分はデポジットです。

夜、次男に
お兄ちゃんが泊った時は、こんど一泊千円にしたからね。
と話してみたのですが、
そうなの。でも三男が友達連れてきたり、泊ったりはタダだったら
兄ちゃん、可哀想じゃない?
と言う反応でした。

三男か・・・悩ましい。
兄弟が仲良くしてくれていれば、母はどうでも良いのだけれど、
でも、帰省とビジネスホテル利用とでは、
ちとニュアンスが違うような気もしています。

平等に、というのはけっこう難しいです。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

09:12  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT